老人食の宅配サービス!料理できない高齢者でも電子レンジですぐに食べられる

フロンとは腎臓の一番細かい単位であるネフロンは皮質にある糸球体と尿細管でできています。

人間には200万個のネフロンがあり水分をろ過するときに使われています。

じん動脈を経て腎臓に入った血液の多くの部分が子宮体に入って古いの様な働きをして血液をろ過していきます。

残すのはたんぱく質や脂質などしかし電解質やアミノ酸等の様な小さな物は糸球体から濾過されてボーマン腔という所に入り近位尿細管に流れていきます。

これを原料と呼びそれが160lも作られます。

しかし人間のおしっこは800ccから1500ccです。

原尿160l後99%以上は毛細管を通って再吸収して体の中に入っていきます。

老人食通販サービス

尿細管はさまざまな臓器がくっついているものでロカリできなかったアミノ酸や糖分などを再吸収して体内に返します。

ナトリウムやカリウムなどは体内でどのくらいあるかというの調べた後で再吸収したり分泌されたりします。

腎臓はかなり力が落ちてもその自覚症状は現れず機能が半分以下になってしまっても自覚症状がないといわれています。

ですので、腎臓病放置していると大変なことになってしまいます。

健康診断で腎臓病の疑いがある場合は自覚症状がなくてもしっかりと腎臓の専門の先生に診てもらう必要があります。

まず尿量の異常は1500cc以上の時です。

2500cc以上あると多尿といわれていて400cc顔乏尿といいます。

急性腎炎急性腎不全慢性腎不全の最期の時に見られるものでおしっこが出なくなる状態をいいます。

尿管が詰まっておしっこが出ない状態は腎臓炎とはいわず尿閉といいます。

1日の尿の量が2002500ccを超えると多尿と尿崩症や糖尿病急性腎不全の谷沖などで見られます。

尿の回数が多いことは頻尿といわれていて膀胱炎や腎結石などで起こります。

血尿はおしっこに血液が混じることで目で見てわかるものもあれば顕微鏡で見ないとわからないものもあります。

ケツの血尿は腎臓病でよく見られる症状で十分に検査をして原因が何であるかを調べる必要があります。

蛋白尿蛋白質は含まれるようなことを蛋白尿といいます。

普通の人でも40mmが80ミリのごくわずかなたんぱく質が出るのですが、それ以上のタンパク質が出てしまうことを蛋白尿といいます。

糸球体からタンパク質が漏れてしまうと蛋白尿が起こることが多いです。

3.5g以上尿にたんぱく質が出る状態をフローゼ症候群といい血液中のタンパク質が低下して浮腫が生じるかもしれません。

むくみはかなりよく見られる症状で尿の量が変減ってきたり血液のタンパク濃度が下がると体内に水分が貯留するためだんだんと皮膚がむくんできます。

さらに心臓に水が溜まったり胸水が溜まったりなど拡大する可能性もあります。

ただし浮腫が起こる原因は腎臓の病気だけではなく心臓の病気や肝臓の病気でも怒りますので、す。

ぐに腎臓病だということはできません。

さらに高血圧も腎臓病と密接に関係しています。

腎臓が原因で起こる高血圧は腎性高血圧といわれていて本態性高血圧とは分けて考えられています。

腎臓病の高齢者

尿素窒素クレアチニンなどの毒素排出することがこんなになっている場合腎機能が50%以下になると食事のタンパク質を減らさないと体に尿素代謝物が溜まって高尿素結晶を起こすようになります。

そうすると何らかの異常が現れます。

そして腎機能が30パーセントから5パーセントになるとタンパク質をあまり食べなくても尿素結晶が現れてきます。

5パーセント以下になると体に有害物質がたくさん溜まってきてアシドーシスになります。

これを尿毒症といいます。

腎臓病での食事療法の必要性とは腎臓病では水分やたんぱく質塩分やカリウムなどを制限する場合がありますので、タンパク質を減らさないかといけないかというとタンパク質は体の中で代謝されて要素を含んだ大生物になるからです。

出典:老人食の宅配はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ